回漕船 三田洋 MITA YO's web site       SINCE 2002,5,9  更新 2016.12.143
 回漕船三田 洋  ことばと抒情の秘境をもとめて
  MITA YO's web site







 山口県青海島より山陰の山々をのぞむ  2004年9月30日撮影

石畳の至福のあとを

消すように歩いていく

ふたり連れのせなかの

うすい受動形の痛み

ふと髪のみだれに添える

まぶしい指先の哀しみ


手よ そこまでいっておいで

吹き上げては落ちる

夢の噴水のたもと

想いがきれいに濯がれるまで
 


詩集『デジタルの少年』
「馬事公苑」より-→参照

PICK UP
 詩誌『朝明あさけ

 
詩誌『朝明』第二号 2016年11月30日刊行                     日本武尊銅像

同人

大石ともみ

北川朱実

佐々木朝子

沢田敏子

房内はるみ

三田洋

詩誌名の「朝明」は平安中期の書『和名抄』に出てきます。朝明とは夜明けの意味で、東征中の日本武尊が

伊勢の地で夜明けを迎え、近くの川で口を漱いだことから「朝明川」の名がついたといわれ万葉集にも出てきます。

第二号(2016年11月刊行)

目次



北川朱実 夜の地図、夏休み

房内はるみ 秋の深み 家は今でも

佐々木朝子 黒い模様のTシャツ 峠を越えて

沢田敏子 そこにいた束の間のこと 誰が不在者を見たでしょう

大石ともみ  その手について その声について

三田洋 ありふれた朝 立たされている

エッセイ
三田洋 「現代詩の遺産を求めて(その1)

荒川洋治「見附のみどりに」

近況報告

「朝明」名古屋合評会の報告

 個人詩誌『一行の舟』

個人詩誌「一行の舟」2016.2.18 刊行                       長門市仙崎湾 一行の舟の原景


詩集『仮面のうしろ』(思潮社刊)
 
 2013年8月31日発売 思潮社 定価2.200円+税
   

三田洋『仮面のうしろ』は第6詩集。

  全ての始まりである幼い兄の死を主題にした

  表題作や東日本大震災以後のW章など、幾度

  も世界の深淵を見せられた詩人は、平行する

  多元的な時空に身をさらし、存在の根源、抒

  情のありかを問い直す。系統樹のように拡が

  る詩語の世界の秘境にまで分け入り、非リア

  リティの今に対峙する抒情詩の可能性を追求

  した一冊だ。――「現代詩手帖」10月号より

    「現代詩手帖」11月号書評・ 「詩と思想」12月号書評・
     
 「詩人会議」2014年4月号書評はこちらです

三田洋詩論集『ポエジーその至福の舞

「ポエジーその至福の舞」
土曜美術社出版販売 2100円
       もしかしたら、私たちは詩を読むとき、
      ある過ちを犯しているのかもしれない。
      詩の「核」のようなものを丸ごと捉える
      直感的批評の欠如――。優れた詩歌の
      内
 奥には何ものかが棲んでいる。
                     より


     ■大変広い視野から鋭い詩論を展開されて
     いる御高著。実作者ならではの鋭い批評の
     言葉が随所に秘められていて、おおいに
     啓発されました。  詩人 作家 辻井喬

     ■抒情への追求、脱帽です。今までの日
     本にはない抒情論で不抜です。
                       詩人  I.S

     ■これは「抒情」に目線をしぼった秀れた
     一冊です。いろいろな目線がまざった論集
     の多い中で稀有なものです。    M.S

■この詩論集へ頂いたご感想・ご意見は次ページです